相続税・申告

相続税・申告

こうき税理士法人では、相続税の申告を含め、相続開始後における一連の業務をサポートします。

相続税の知識は、もちろん重要であります。
ただ節税のみのテクニックも多少は必要でしょう。
しかし、そのような知識を持ちつつ、将来に渡って損のしない為の相続(税金の圧縮だけを考えない)を提案するのが私どもの提供する「相続税・申告」業務です。
例えば、申告漏れが最も多い財産は現金や預貯金と言われています。
それは、なぜか。
その原因の一つは被相続人の遺産として申告をすべき現金や預貯金の範囲について誤解されている方が多いからです。
申告すべき財産は被相続人名義の財産だけとは限らないのです。
このように、経験豊富なスタッフがお客様の状況をしっかりヒアリングし対応していくことが私たちの役目です。

誰にとっても損をしない相続のご提案を致します。

「相続」を「争族」・「争続」にしないために、円滑な遺産分割協議の成立に重点を置き、お客様と一緒になって誰もが損をしない相続を実現いたします。
例えば、最も大切なことは「遺言書」を遺しておくことです。
遺言書は最も効力があるので、遺留分という法律でも侵せない部分以外は遺言書が優先されます。実はお金持ちは銀行や税理士など、たいてい専門家をつけているし、遺言状も書いているので争いになりにくいと言われています。
そして、その遺言書も自分流ではなく第三者である専門家経由で書くことでトラブルを避けられます。
さらには、遺産をきちんと把握しておく、法改正をしっかり確認しておくなど、やれることはたくさんあるのです。

相続は、お客様の人生の中で何度もあるものではございません。

日々生活している中で、相続のことなど真剣に考えることはなかったという方がほとんどです。
しかし、相続が発生してしまった場合は、決まった期日の内で残された者の知りうる限られた情報を整理し、申告しなければ、残された者(相続人の方々)が逆に困ってしまうのです。
相続発生の際は、気持ちの整理がつきましたらお早めに、お気軽にご相談ください。

※会社経営者の方、経営幹部の方には、「税務会計・顧問」業務もしくは、「経営コンサルティング業務」のなかで、適宜、相続対策・事業継承対策を行います。

PAGE TOP